中国から日本へ伝わった茶

2018.11.11紅茶

唐の文人で、陸羽(りくう)(733~804)という人がいますが、彼は、ふだんから茶をたしなんでいたらしく、「茶経」という本を著しました。
これは、茶の栽培や飲み方、茶の効用を3巻にまとめたもので、現代にも伝わっています。
「茶経」では、茶は薬用としてあります。

日本では、729年の天平元年に、聖武天皇が全国から僧を呼び、行茶の儀式を行ったと、「奥義抄」に残されています。
805年には最澄が、そして翌年の806年には、空海が茶の種と製茶法を伝えました。

1192年、栄西(1141~1215)が、宋から茶の種を持ち帰り、京都の栂ノ尾に植え、広めました。
その後、栄西は、鎌倉幕府の3代将軍実朝(1192~1219)にお茶を勧めます。
実朝が神経衰弱だったので、お茶は、飲むと神経が鎮まる妙薬なので、茶で養生するようにと勧めたのです。

また、「喫茶養生記」という本を書いて、献上しました。
この中で栄西は、茶の効用を説き、茶の栽培や摘み方、製茶、茶道具、飲み方にいたるまで詳しく述べました。

栄西は鎌倉時代の天台僧でしたが、中国に行くと密教より禅宗がさかんだったので、臨済宗をおさめて帰国しました。
禅が広まると、禅宗式のお茶の飲み方の儀式や作法が整っていきました。

村田珠光(1423~1502)は、室町時代中期の人で、わび茶の祖といわれています。
一休禅師の弟子となり、禅家の喫茶法を教わり、珠光の貴人点前は諸大名に広まっていきました。
禅宗が武家の信頼を得たので、武士は茶を大切にしたのです。
また珠光は、8代将軍足利義政の茶の師にもなり、また弟子の利休は、そのわび茶を完成させました。

武野紹鷗(たけの じょうおう)(1502~1555)は村田珠光の門下で珠光から紹鷗、そして利休に到って、茶はきわまりました。
大阪堺市の仁徳天皇陵のそばには、大仙公園という大きな公園があります。
その中に博物館があり、その前には、村野紹鷗の像がありました。
堺市は、利休ゆかりの町であり、利休が村野紹鷗に茶を教わった町でもありました。

ボストンティーパーティ(ボストン茶会事件)

2018.10.31紅茶

アメリカも、独立以前は、イギリスが運んでくる紅茶を飲んでいたのですが、人々は、高い税金のかかったイギリスの紅茶よりも、オランダの安い密輸の紅茶を買っていました。
そのために、イギリスでは紅茶が売れず、東インド会社は多くの在庫を抱えることになってしまいました。

1773年、イギリス政府は、Tea Act(茶条令)を発布し、密輸の安い紅茶ではなく、イギリス東インド会社の紅茶を独占的に売りつけようとしました。
ところが、こうした強引なやり方は、アメリカ市民を怒らせることになってしまいます。

12月16日、イギリス東インド会社の帆船3隻は、紅茶を積んで、ボストン港に停泊していました。
イギリス政府に対する不満がピークに達していたボストン市民は、すでに荷揚げが終わった紅茶に対しては、その倉庫を閉鎖してしまいました。
そしてイギリスの茶条令に反対するボストン市民の一団が、サミュエル・アダムズに率いられ、アメリカインディアンに変装し、「自由の子」と名乗り、この船に乗り込み、342箱の紅茶、15,000ポンドを海に投げいれてしまいました。
これが、ボストン・ティー・パーティーです。

この事件に対し、イギリス政府は報復措置、つまり、ボストン港の閉鎖等の懲罰政策を取ったので、結束した人々は、イギリス本国の措置を非難し、各地でイギリスの紅茶を飲まない運動が起こりました。
そしてそれは紅茶のみに限らず、イギリス商品の不買運動へとつながり、騒ぎはどんどん大きくなり、結果、アメリカは反旗をひるがえし、独立への道を進むことになったのです。

紅茶のグレードについて

2018.10.9紅茶

「グレードが高い」という言葉からは、「とても良いもの」という印象がありますが、紅茶の場合は、すこし意味合いが違います。

紅茶を作るときに、乾燥後ふるいにかけますが、その時に同じサイズの茶葉を表す言葉が「グレード」で、紅茶の品質をランク付けしたものではありません。

茶葉のサイズの大きなものから並べてみます。

オレンジ・ペコOrange Pekoe
「オレンジ・ペコ」という名前は、「白毫ぱいはう」という中国の白茶の一種がヨーロッパに入った時、イギリス人は、「ペコー」とそのお茶を認識し、その後、水色がオレンジ色の紅茶が入ってきた時、中国語での「橙黄白毫」を「Orange Pekoe」と訳したのがきっかけです。
オレンジの香りや味があるわけではありません。
ダージリンやアッサムの紅茶が代表的です。

ペコPekoe

ペコ・スーチョンPekoe Souchong
ペコよりもさらに小さくなり、水色や香りは淡く、味も淡白です。
スーチョンは中国語で「植物の小さな種」を意味します。 

ブロークン・ペコBroken pekoe

ブロークン・オレンジ・ペコBroken Orange Pekoe
本来オレンジ・ペコとなる葉を細かくしたもので、品質はすぐれています。
抽出が早く濃く出るのが特徴で、快い渋みもあり、香りも備わっています。
スリランカではこのタイプが多く、高級品質紅茶の代名詞にもなっています。

ブロークン・オレンジ・ペコ・ファニングスBroken Orange Pekoe Fannings
抽出時間は早く、濃厚でボディーのしっかりとした味を作ります。
チャイやティーバッグでよく使われます。

ファニングスFannings
水色は、深く沈んだ色で、味は重く、渋みもあります。

ダストDust
茶葉の中で、最も細かいサイズの葉です。
品質のよいブロークン・オレンジ・ペコを作ったときに出来たダストの水色は濃く、風味も豊かなので、良質なティーバッグに使われます。

茶葉の大きさに注意すると、抽出する時間にも勘が働き、おいしい紅茶になります。