沖縄の黒糖と紅茶

2019.6.2紅茶

おみやげに頂いた黒砂糖の箱を開けると、いろんな島の黒糖の詰め合わせでした。

「八島黒糖(はちしま こくとう)」と書いてあり、伊平屋島(いへや)、伊江島(いえ)、粟国島(あぐに)、多良間島(たらま)、小浜島(こはま)、西表島(いりおもて)、波照間島(はてるま)、与那国島(よなぐに)、の八島からの黒砂糖でした。

黒糖は、小さく砕いてあり、それぞれの袋に入っているので、そのときの気分で選べます。
せっかくなので、食べ比べをしてみると、見事に黒糖の色、甘みの濃さが違い、そしてしょっぱさというのか、苦味のようなざらつきを持つ黒糖もありました。
だからといって、不味いのではもちろんなく、バリエーションゆたかな黒糖におどろきました。
個人的には、西表島の黒糖が、舌に、なじみ深く思えました。

お抹茶に金平糖を合わせたりもするので、黒糖をお茶うけとして、紅茶とのペアリングを考えてみました。
スリランカの高地産のウヴァやディンブラで合わせてみると、それなりにおいしく味わえたものの、黒糖の甘みが紅茶を飲んでしまったあとも、強く残りました。

低地産のルフナはどうでしょう。
ルフナは、もともとリーフの中に、少し焦げそうな香りを持っています。そして高地産の紅茶に比べると、コクはありますが、渋みは少ない紅茶です。
ストレートに、ブラックティーで合わせると、バランスが良いように思いました。
ルフナは、ミルクとも合うので、ミルクティーにして合わせてみると、良い組み合わせとなりました。

インドの紅茶では、ダージリンよりもアッサムがボディーがしっかりしているのでおいしいです。
ブラックティーも、もちろんミルクティーにしても大丈夫です。

中国の紅茶では、アールクレイよりは、個性的なキーマンをしっかり淹れると、コクと強い香りが、甘さと対抗できます。

キャラメルクリームと紅茶

2019.2.11紅茶

しんしんと冷たい日には、すこしコクのある飲み物が、欲しくなりますね。
キャラメルティーは、いかがでしょうか、、

佐藤雅子さんという方が書かれた「私の保存食ノート」という本の中に、とても簡単でユニークなキャラメルクリームの作り方が紹介されていたので、お伝えします。

コンデンスミルク1缶を、ふたは開けずに、そのままお鍋に入れ、缶がかぶるぐらいのお湯を入れて、火にかけるだけです。
缶がいつもお湯の中にあるように、お湯が少なくなれば、さし湯をし、ただひたすら火にかけておくだけです。
1時間から2時間、火にかけると書いてありました。

簡単なことなのですが、中身が見えないし、缶のままこんなに長時間、火にかけてていいものかどうか、不安になりながら、わたしは、1時間半、ぐつぐつ火にかけていました。

缶だけを取り出して、そのまま冷まします。
熱いうちに缶を開けると、中からキャラメルがとびだしてくるので、かならず冷ますこと、と書いてあったので、すっかり冷めるまで待ちました。

缶を開けると、とろりとおいしそうに出来上がっていました。
ただ、火加減を弱くしすぎていたせいか、クリームの色は、思っていたより薄めでしたが、しっかりキャラメルクリームになっていました。
紅茶に入れるときは、そのままでも軽やかさがあっておいしくいただけますが、ほんの少し、お砂糖を加えると、コクが出て、おいしく飲めました。

本には、パンにつけてもおいしいとありました。
メルバトーストという、バゲットをうすく切って焼いたものにつけたり、食パンを小さく切って、カリカリに焼いたパンにつけます。

このキャラメルソースの作り方は、スペインやアルゼンチンでも使われており、ドゥルセ・デ・レチェというそうです。

新年2019年

2019.1.4紅茶

「ムレスナティー」の素敵な言葉、「たくさんの幸せが舞い降りますように、、のおいしい紅茶」に惹かれて、お正月に淹れてみました。
これは、バラとモモのフレーバーティーです。

普通の紅茶のように、3分以上蒸らすことなく、はやく抽出できます。
ティーポットで蒸らして、カップへ注ぎ終わるまで、40秒で出来上がりとあります。

香りがいいので、そのまま楽しみたいところですが、お砂糖を少し加えることで、このフレーバーが引き立つようです。
「洗双糖きびざとう」を勧めています。
きび砂糖の糖蜜を、遠心分離機をかけ、糖蜜を取り除いたお砂糖の結晶のことです。

普段ブラックティーを飲むことが多いので、お砂糖を入れることに、少し抵抗がありましたが、生砂糖をすこし入れてみると、香りだけがふわふわと立ち上っていた紅茶に、低音が加わった感じがして、ボディーがしっかり立った印象になりました。
リーフはヌワラエリヤなので、特徴ある渋みが押さえられるのかも知れません。

香りはふしぎ、、
一瞬で気持ちが変わってしまいます。