ベートーヴェンとタッジオ

2018.12.21音楽

12月16日は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの誕生日でした。
ベートーヴェンが、ドイツのボンで生まれた1770年は、哲学者ヘーゲルが同年に生まれ、そして、ルイ16世とマリー・アントワネットが結婚した年でもありました。
フランス革命は、1789年に起こりました。
アメリカでは、1773年のボストンティーパーティーを契機に、アメリカ独立戦争へと向かっていき、1776年7月4日、アメリカは独立宣言をしました。

音楽の世界では、モーツァルトが1791年に亡くなるまでに、ベートーヴェンと一度出会ったというお話しが残っています。
ヨーロッパのスタイルは、バロック様式から、曲線が優美な、ロココへと移っていった時期でもありました。

そんなベートーヴェンの小曲、「エリーゼのために」が象徴的に使われた映画があります。
トーマス・マンの小説、「ヴェニスに死す」を原作に、ルキノ・ヴィスコンティ監督が、格調高く映像にしました。
原作では、主人公は作家の設定ですが、映画では、作曲家アッシェンバッハとして登場します。
グスタフ・マーラーを彷彿とさせる風貌のアッシェンバッハと、使われている音楽は、マーラーの交響曲第五番4楽章アダージェット、同じく交響曲3番の4楽章、さらに、ムソルグスキーの子守唄などもありますが、マーラーのアダージェットを聞くだけで、この映画の場面が立ち上がってきます。

芸術における美とはなにか、、
完璧な美しさと若さを持った貴族の少年、タッジオをはじめて見たときに、アッシェンバッハは強く惹かれてしまいます。
タッジオやその家族、特に母親の美しさや挙措に、本来の貴族の持つ雰囲気を感じたのは、ヴィスコンティ自身が貴族の出身であり、その生活から投影させたものかもしれません。

滞在しているヴェニスのホテルのサロンでピアノを弾くタッジオ。
エリーゼのメロディーを、片手で物憂げに弾くのですが、音色の美しさ、音と音とのあいだの静かな心情が、とても惹きつけられるシーンです。
続いて聞こえるエリーゼは、アッシェンバッハの回想として、そしてそれは、思い出したくなかったであろう、美とは対極のエリーゼが弾かれていました。

見る者の状況により、文学や音楽など、作品の印象は変わっていくものですが、この映画は、もともと見る側に、人生の時間と経験を要求するー成熟さを求めて作られたのかもしれません。
くり返し読むことはしなかった原作ですが、美しいタッジオやカメラワークに惹かれ、この先見続けたとき、何を見つけるのか、たのしみな映画といえます。

米團治の「女はみんなこうしたもの」

2018.5.13音楽

モーツァルトのオペラ、「コジ・ファン・トゥッテ」、イタリア語で、cosiはこのように、fanはする、tutteはすべての女はという意味で、「女はみんなこうしたもの」というタイトルになりました。

でも今日は、「オペラ」ではなく、「オペ落語」のお話しです。
「オペ落語」というのは、落語家、桂米團治さんが始められた、文字通りオペラと落語を合わせた演目です。
米團治さんは、自らを、「モーツァルトの生まれ変わり」と言われるほど、モーツァルトやクラシック音楽に造詣の深い方です。

このオペラの登場人物は、
姉のフィオルディリージとその恋人である仕官のグリエルモ
妹のドラベッラとその恋人の仕官、フェルランド
男性ふたりの共通の友人であり哲学者でもあるドン・アルフォンソ    
姉妹の女中のデスピーナです。
    

あらすじを簡単にいうと、恋人というのは、裏切るようなことはしないものと主張する男性二人に対して、彼らの友人でもある哲学者のドン・アルフォンソは、そんなことはない、出来心、心変わりはあるものだと述べ、どちらが正しいか、賭けをすることになりました。
哲学者は、一計を案じます。
男性二人は、急に戦いに参加しなくてはならなくなったと言って、それぞれの恋人である姉妹と別れを惜しみ、船に乗り込むふりをします。
哲学者は、姉妹の女中に、悲しんでいる姉妹に対し、男性はほかにもいるのだから、恋を楽しみましょうと、そそのかせます。
哲学者は、男性ふたりを変装させ、グリエルモは妹を、フェルランドは姉の方を口説くように仕向けると、これが成功し、結婚にまで話しがすすみます。
結婚証明書に署名をするその時に、戦いに行っていたとされる男性二人が戻ってきます。

あわてる姉妹に、男性二人は変装をとき、真相を話します。
ゆるしを請う姉妹、そして男性二人も試すようなことはしないと誓い、最後はめでたし、めでたしのお話しでおわります。

二重唱、三重唱が美しいオペラですが、この「オペ落語」の舞台で一番盛り上がったのは、男性二人が船に乗り込む時、高座が帆船に変わって、舞台の袖に向かって動き出した時で、客席から大きな歓声と拍手が沸き上がりました。

ホットチョコレートとショパン、そしてアクセンフェルト

2018.3.31音楽

さくらが満開になり、ホットチョコレートの時期は過ぎた感じがありますね。
でもチョコレートには、疲労回復や、抗酸化力のあるポリフェノールがカカオ豆に含まれていることが、わかってきました。
元気に一日をはじめたい時に飲むと、気合が入りそうです。

ホットチョコレートを作って飲むと、ショパンのことを思い出します。
わたしは、Clipper(クリッパー)のドリンキング・チョコレートが手軽に作れるので、日々のホットチョコレートは、これで楽しんでいます。
残念ながら、ショパンと紅茶は、結びつきが見当たりません。
伝わっているのは、ジョルジュ・サンドと暮らしていた頃、病弱なショパンの身体を案じて、サンドが温かいホットチョコレートをショパンのために作っていたことでした。

ショパンのピアノ作品は、たくさんの演奏が残されており、時々の気分で聞きたくなる演奏家も変わりますが、好きなのは、ドイツのエディット・ピヒト・アクセンフェルトというピアニストの演奏です。
チェンバロの優れた演奏家でもあります。あのシュバイツァー博士の元で、オルガンも勉強しています。

チェンバロでバッハのゴールドベルク変奏曲だけのリサイタルを聴いた時でした。
少女のように軽やかにステージに現れ、最初のアリアを弾き始めたときに、呆然となってしまい、30の変奏曲が終わり、最初のアリアに戻ったときは、感動して椅子から立てませんでした。
以後、機会がある度に、アクセンフェルトのピアノとチェンバロを聴いてきました。

草津の音楽祭には、毎年のように来日しては、その年のテーマの作曲家のレッスンや演奏をしていました。
朝、ランゲンハーンというスイスのピアニストが残したメトードを、真摯に取り組んでいた姿は忘れられません。
実際にこのメトードを使うと、ピアノのタッチが変わってきます。
ただこのメトードは、単なる指の練習ではなく、内省的な思索が求められます。
気持ちを開放するために、ブラームスの51の練習曲を合わせると、バランスが取れるような気がします。

ピアノでは、シューベルトのソナタ、ブラームスの小品などが、そしてショパンでは、エチュードop.10とop.25 がCDに残されています。
チェンバロの演奏はたくさんCD化されています。
彼女の音楽は、音の美しさはもちろん、深い哲学があり、聴くと手が止まり、聴き入ってしまいます。